読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜びを運ぶ風に乗せて

沼活の日々をつらつらと。

津崎さんが可愛さ大爆発させてきた

二日ぶりです、ひきっちです。

第二話も夜勤でリアルタイム視聴できなかったため、夜勤明けた水曜日、またもTVerさまさまにお世話になりました。
ちなみに帰宅前にTSUTAYAさまにもお世話になっております。


アルバム全作と「SUN」を借りて参りました。
あとは絢香とかいきものがかりとかNEWSとかV6とか。やっとジャニーズの嵐SMAP以外のグループのCDもWALKMANに仲間入り。沼です。

いっぱい借りたな~とホクホクしたあとに第二話視聴。
私と同様に二話をリアルタイムで観れていないフォロワー様がいることを分かっていたので、とりあえずの感想は


でございました。源さんを前にすると「かわいい」しか言えません。語彙力の低下が著しい。

さて。第二話。
事実婚が決定し、みくりんと津崎さんの契約夫婦としての生活がスタートした第二話。

契約内容を話し合い、問題は挙式について。親や会社は式を挙げるものだと思っているわけですが。
そうか、結婚するって親御さんや職場に報告したんだよね津崎さん。どんな感じで報告したのだろう。とても気になる。
館山への引っ越し当日には「お嬢さんを僕にください」が言えなかった津崎さんだけど、「会食では僕の方が主となって話を進めます」って、こんな時はさすが、男を見せてくれます。頼りがいがある。

でも説得すべきは両家の親に加えて百合ちゃん。顔合わせ当日、百合ちゃんとのご対面に緊張している津崎さんはやっぱり可愛い。
百合ちゃんに苗字呼び合いを指摘されての二人の「あっ」が揃ってて可愛らしいです。
漫画原作でところどころ漫画らしさがあるのがいいってどなたかのブログに書いてあったけど、こういうところですよね。
みくりんが「二人の時は名前で」と答えた後の頷き。みくりんがこうしてかわしてくれた時にうんうん頷くシーンが一話から何度かあるけど、この津崎さんもまた可愛いですよね。あれ、私は可愛いしか言葉を知らないのか。

呼び方は盲点でした、練習しましょう。
「みく、、さん付けでもいいですか」このなんていうか女性慣れしてないところ(プロの独身なんで、ガッツポーズ)が津崎さんのいいところの一つ。後半にも表れるけれど。
「みくりさん」「平匡さん」なんて名前で呼び合って、「照れますね」のみくりんに指で眼鏡をすちゃっと上げて「気のせいです」と津崎さん。
この眼鏡あげは動揺の表れかしら。眼鏡については前回重めに語ったので今回はカッツ・アイ(LIFE!より)ということで。
津崎さんの眼鏡あげる仕草、好きです(ガッツポーズ)

いよいよ始まった両家顔合わせ。式は挙げないことをいかにして説得するか。
回想シーンで津崎さんがデータを用いてみくりんにプレゼンしていますが、「津崎リサーチ」にくすっとなりました。
僕が主となって話を進めるといった津崎さん、「二人で決めた」「二人共通の意思である」ことを強調しながらの説得。
さすが頭がよく、回転が速い。理屈がしっかりしているというか、説得力があるというのか。頼りになります。かっこいい。

会食終わりのお父さんと津崎さんのシーン。
親御さんが相手だからそりゃそうだろっていえばそうなんだけど、敬語じゃない津崎さん。新鮮。
「中身は老けてるよ」「そんなんじゃないよ」の言い方の可愛さよ。
会食中喋らなかったお父さんだけど、津崎さんの結婚を喜んでいて、「今日はうまい酒が飲めそうじゃ」「おめでとう」に重みがある。
好きなシーンです。

みくりんと津崎さん二人の帰り道。
ハンガリーの諺を挙げ、熱めに語る津崎さん。優しい。みくりんも救われます。
お父さんと津崎さんの間の何かを感じ、「津崎さんこそお父さんに似ている」っては言わないみくりん。気遣いができる子。
みくりんのこういうところに少しずつ惹かれていく津崎さんを感じる。私はそんな津崎さんに惹かれていく。

帰宅。僕は寝ますの津崎さんに「平匡さん、おやすみなさい」とみくりん。
照れた?ここ、津崎さん照れた?ポーカーフェイス装ったけどどうだったのだろう。
その後のみくりんと津崎さんの一人語り好き。「安全パイだと思われているのだろうか。安全パイだけど」

その次の職場のシーンがとても好きです。
風見さんに新婚生活どうですかと聞かれて答える時、微笑み交じりですよね、いくら契約結婚とはいえ生活に潤いは出ましたよね。よかったですね幸せそうで。
津崎さんにそんなこと言ったら「いえ、そんなことはありません。僕達はあくまで雇用関係ですので。」って否定されそうだけど。
写真見せてとか家に遊びに行かせてとか日野さんに迫られている時の津崎さんあまりにも可愛い、可愛すぎる、ただの源さんだ(語彙力を失う)
「パッションの国の人ではないし、そんな毎日パッションを身に纏っていたら疲れて死んでしまいます!」
ここの同僚の方々とのやり取りの津崎さん、一貫して可愛い。振り回されてクールさを失う津崎さん、萌える(再びガッツポーズ)

みくりんを雇って肌ツヤまでいい津崎さん、幸せそうに鏡見てほっぺ触るじゃないですか、絶対に幸せじゃないですか!
平穏が崩され、日野さんではなく沼田さんと風見さんが来ると分かり焦る津崎さん、そんな津崎さんの猛ダッシュが不恰好。
布団、何故出しっぱなし!子供、来ません、子供、来ません!
布団しまうのに手間取りすぎです、焦りすぎです。だめだ、可愛いしか出てこない。

クックパッドって、いいですよね…クックパッド、すっごいいいですよね……

沼田さんの「ペッパーくんじゃなかった」に食い気味に「当たり前です」と突っ込む津崎さんが好きです。

みくりんと風見さんのシーン、メリットがない相手とは結婚しない風見さんが、みくりんいいかもって思ったシーンですね。予告見る限りここが来週に続きそう。
不敵な笑みを浮かべてみくりんを見つめる風見さんが素敵。大谷亮平さん、これからかなり人気出そうですよね。

そんな二人が戻ってきて、大変だったんだよ津崎くんが嫉妬して~と言われて否定する津崎さん。
え、しないの?と問われ「します…しますれば…しまするとき……」するって答えるの恥ずかしかったんですかね?何活用?

この空気と照れに耐えられなくなってお二人に帰ってもらおうと思ったのに、雷のせいで泊まることに!
ここからひたすら津崎さんのピンチが続きます。
みくりんの「試しに寝てみます?」に対し
「なんのっ!」
「なんの試し…?」
「みくりさんは冗談のタイミングが変です」
どちらが床に寝るかで言い負かされて「卑怯だ!」
「あっちもこっちもどうしたら!」
津崎さんのクールではない、焦りまくる面が見られて。可愛いのなんのって。ムズキュンとはこのことを言うのか。

最終的にみくりんが寝室、男性3人はリビングで寝ることに。
「男同士ボーイズトークをするのもいいかと思いまして」と言ったら「いいね、じゃあまず、初体験の話から」と返す沼田さんに対して
笑顔で「寝ましょう」と電気を消す津崎さん。良い返しです。

次の日の夜、みくりんが前日寝れなかったことを知りました。
本当はみくりんは津崎さんが普段寝ているベッドで寝ることにドキドキしてしまって寝れなかったわけですが、みくりんは正直にそうは答えません。
雇用主として、みくりんが働きやすい環境を提供したいと言う津崎さんが素敵。
知らないって怖い。考えなしの発言に人を傷付けてきたかもしれない、もしかしたらみくりんも。
あまり他人に対し関心がなさそうな印象も初めのうちは受けましたが、違うんだなって。
いや、もしかしたらみくりんのお陰で少し変わったのかもしれない。
みくりんは干渉しすぎないし、何かを察すると波のように引いていくけれど、津崎さんに何かしらの影響を確実に与えているのではないかと思います。いい意味で。

昨日みくりんが寝たベッドで横になり、甘い香りがし、みくりんを感じ、寝れなくなってしまった津崎さんにもムズキュンです。
エアーをかけてどうする!
たかが匂い、たかが匂い(自分に言い聞かせる)
されど匂い!

津崎さんは絶対に気付いていないけれど、心の奥底でみくりんに雇用主以上の感情を抱き始めているのではないかと思います。
先にここの関係を崩れさせかねないのは津崎さんかと。そして葛藤しそう。
来週既に風見さんに嫉妬しそうな感じがあります。

一話でも津崎さんの可愛いシーンはたくさんあったけど、よりたくさんありましたね第二話。
普段クールな津崎さんが平穏を掻き乱されまくって焦る姿をたっぷり堪能できました。
津崎さんはSEさんだけど自分はコンピュータじゃないもんね。
予想外の事態には焦っちゃう。慌てふためく津崎さんの可愛さ大爆発でした。



11時頃に帰宅して、ひたすら源さん漬けでした。
只今連休なので毎日源さん漬けです。幸せ。